古来からある行事の一つ節分とは|みんなで恵方巻きを食べよう

ファミリー

節分に食べよう

鬼と豆

縁起かつぎの食べ方がある

節分の日に食べるものとして一般的になっているのは恵方巻きですが、もともとの節分に恵方巻きという文化はなく、始まりのきっかけは購買効果にあるといわれています。商売のために登場した恵方巻きも、今となってはみんなに喜ばれる節分のおいしいものになっています。現代にはごはんと具材を海苔で巻いた恵方巻きだけでなく、ロールケーキなどの巻物で恵方巻きに見立てた商品もあります。節分の日に人々からの注目を集める恵方巻きには、食べる時の決まりが存在します。その決まりというのは、食べる時に向く方向・切らないこと・喋らないことです。食べる時に向く方向は歳徳神と呼ばれる年の福や徳を司る神様がいる方角で決まるため、毎年異なります。切ってはならない理由は、切るという言葉は良くない意味合いで使われることが多いからです。縁起としては丸かじりが望ましいため、自分が食べられる量の長さを選ぶと良いです。喋らないことは、恵方巻きを食べている最中に喋ると幸福が逃げるという説に由来します。これらの決まりと幸福の関係に立証はありませんが、縁起かつぎは心持の問題なので決まりを守って食べることで幸福への希望には繋がると思います。

作るが面倒ならお店で買う

恵方巻きは簡単に言えば海苔巻きのようなものなので、自分で作ることもできます。自分で作るのは面倒とか材料費のことを考えるとやる気が起きない場合は、コンビニなどで販売されている恵方巻きを選ぶと良いです。毎年、節分の日が近づいてくると各コンビニやスーパーなどで恵方巻きの予約受付を開始します。場所によって具材や長さのレパートリーが違うので、色んなコンビニやスーパーに行く機会がある人はそれぞれの店で比べてみると自分好みの恵方巻きが見つかります。予約の告知として各店舗でチラシを置くようになると思うので、チラシを貰ってくると家でじっくり検討することができます。具材によってはそれなりの値段がするものもありますが、節分限定の商品なので贅沢も悪くないと思います。

中年女性

お母さんに感謝を伝える

母の日というのは、普段は言えないお母さんへの感謝の想いを伝えやすい特別な日です。直接言いづらかったら、メールや手紙を利用する手もあります。またカーネーションやスイーツは、全世代のお母さんに喜ばれるプレゼントとなります。

鬼と豆

邪気を払う年に一度の文化

鬼を追い払うために行われる節分の豆まきにはしっかりとした意味合いがあり、家の主人や厄年の人が硬く炒った豆で目に見えない邪気を払って1年の安泰を願います。最近は恵方巻きの文化が広まっており、節分のごちそうに使いやすいため人気があります。

花

真心をプレゼントに寄せる

毎年印象に残る母の日のプレゼントを贈りたい時は、オーダーメイドのプレゼントを用意しましょう。結婚している夫婦であれば、母の日には両家のお母さんに同一の価格帯のプレゼントを贈ることが大切です。親族同士であっても問題が生まれません。