古来からある行事の一つ節分とは|みんなで恵方巻きを食べよう

親子
  1. ホーム
  2. 邪気を払う年に一度の文化

邪気を払う年に一度の文化

鬼と豆

正しいやり方がある

毎年2月3日は節分の日で、多くの家庭では豆まきを行っています。この豆まきにはとても意味があって、鬼を追い払う意味にも繋がってきます。豆に大豆を使う理由は、大豆が昔から穀物として大事にされていたことと、火で炒って硬くすることで、鬼に強いダメージを与えることができるからという意味があります。ちなみに、元々節分は年に4回あったのですが、現在は2月の1回という現在の形におさまりました。また豆まきに関しては、節分で豆を投げる人は、その家の主人あるいは、厄年に入っている人が投げるのが一般的です。なぜかというと、これらの人が実際は見えない鬼に対して豆投げて退治することで、その年の厄を払うという意味合いがこもっているからです。

恵方巻きの文化

節分といえば豆まきというのは、全国的にも共通していることではありますが、最近は恵方巻きを食べるという慣わしも広まりつつあります。恵方巻きは関西地方の人が節分に特定の方角を向いて無言で食べることで、一年の安泰を願う文化でした。しかし、それが関東や他の地域にも流れこんできたため、現在は恵方巻きを食べる人がとても多くいます。そのため、節分に食べるごちそうの1つとして恵方巻きが定着しつつあります。恵方巻きの具材にも色々な物を入れて販売されており、バラエティに富んでいます。このことから、小さな子供からお年寄りまでが食べられる人気の食べ物になりました。今後もこの恵方巻きの文化は広い地域で馴染まれるものと予測されます。